木登りよしのブログ

千葉県白井市 木登り伐採の日記など

チェンオイルの出ない020

お世話になってる方からお預かりした020の修理をしてみました。素人修理です。

 

チェンオイルが出なくなった症状です。

f:id:kinoboriyoshi:20190719214746j:plain

オイルポンプを外すことから始めました。

 

クラッチを外してとりあえずここまでを点検してみます。

f:id:kinoboriyoshi:20190719214907j:plain

ウォームギアのネジ山が潰れたりとかホース類が切れたりとかは大丈夫でした。

 

ポンプを外してみたら、、

f:id:kinoboriyoshi:20190719215347j:plain

不具合箇所を発見しました。指でポンプのギアを回しながらコンプレッサーで詰まっているゴミを吹き飛ばしました。栓になっていたゴミが飛んでいきました(汗)。

 

 

その他分解して点検、掃除もしました。

f:id:kinoboriyoshi:20190719215901j:plain

これで1回組んでみます。これでダメだったらポンプを交換する予定です。

 

 

組んでみたらオイルは出てきましたので、丸太を数本試し切りしてみました。

f:id:kinoboriyoshi:20190719220101j:plain

その後も出ていましたので一応完成です。詰まっていたゴミが原因と推測しましたが、長時間の試運転はしてませんので、また出なくなったらもう1回チャレンジしてみたいです。

 

マフラーの形状からすると020と言ってもMS200に近い後期の型のようです。僕もこれと同じでトップハンドルのモデルを度々使ってますがご機嫌で楽しいチェンソーですよね。

f:id:kinoboriyoshi:20190719220738j:plain

軽トラ洗車

先日、雨の中を草刈りに行ってきてナイロンコードで軽トラに草や泥が沢山跳ねてしまったので、この軽トラでは初となりますが洗車機で洗車をしてみました。

f:id:kinoboriyoshi:20190716003818j:plain

ヤフーブログの時から訪問してくださってる方はよく知ってると思いますが、平成3年式のマツダスクラムトラック(スズキのキャリーOEM)です。

 

約6年前に中古で購入して手洗い洗車は数回記憶がありますが洗車機は初めてです(汗)。

f:id:kinoboriyoshi:20190716004234j:plain

荷台の中はやはり洗えないのね、。

 

洗車前の画像も撮っておけば良かったのですが、泥だらけだったのが綺麗になりました。

f:id:kinoboriyoshi:20190716004350j:plain

6年前に200円のアクリルのスプレー缶30本でオールペンした外装も、ビニールハウス車庫で紫外線も浴びないのが良かったのか、まだ何とか禿げずに保っています。

 

この軽トラ、6年間ほとんど故障も無く、エアコンも4年前からなぜか効くようになって夏も快適、でもさすがに来年は車検を取らないで廃車にしようと思っています。

来年で車齢29年、人間で言えば100歳くらいでしょうか、お客さんの家へ向かっている途中で故障したら困るので、そろそろ引退です。

 

このポンコツな車で現れた僕をお客さんはびっくりしたことでしょう。でもその荷台の中からは日本ではなじみの無い道具ばかり出てきてそれにもびっくりされた事でしょう。そのギャップがまた楽しみでもありましたが、次は少なくても新規格の軽トラにしたいと思っています。

道路沿いのイヌシデの木登り伐採 & STEIN X2

昨日ですが、一昨日のブログのすぐ横の、お隣さんの森に生えているイヌシデの伐採に行ってきました。

 

現場はこんな感じでした。

f:id:kinoboriyoshi:20190628212820j:plain

上部が道路の反対側の電線近くまで越境しているイヌシデの木です。根元からの伐採の依頼です。そのままでは森の中へ倒せませんのでいつもどおり木登りして伐っていきました。

 

 

樹形は複雑で胴吹きの枝が多く、視界も悪くて登りづらい感じでした。

f:id:kinoboriyoshi:20190628213154j:plain

 

 

下の方から降ろしていきます。道路へかなり越境していました。

f:id:kinoboriyoshi:20190628213320j:plain

 

道路のセンター位まで枝歩きしてますが、ごちゃごちゃで視界悪しでした、。

f:id:kinoboriyoshi:20190628213420j:plain

 

10時に降りてきた時の画像です。一番越境していた1幹が終わりました。

f:id:kinoboriyoshi:20190628213642j:plain

 

 

チェンソーの音がしてきたので見てみたら向かいの森で同業者さんが伐採をしていました。

f:id:kinoboriyoshi:20190628213744j:plain

ユニックのカゴに乗って木の半分でバックカットのみでバリバリと折りながら豪快に伐採されてました(汗)。+ユンボにダンプとうちと違って豪華な装備で羨ましかったです。

 

話は戻りまして、この辺りはこの木の最上部です。真下が道路ですのでほとんどを吊って降ろしています。

f:id:kinoboriyoshi:20190628214223j:plain

 

 

最後の幹です。良くないカットになってしまいましたがそんな時に限って向こうの森の同業者さんに見られてしまいました、。でも無事に終了です。

f:id:kinoboriyoshi:20190628214642j:plain

 

 

樹上作業でほぼ1本状までにしました。後は森の隙間へ倒します。

f:id:kinoboriyoshi:20190628214925j:plain

 

 

幹は道路側へ、この画像だと左奥へ偏心していました。牽引して起こして倒します。

f:id:kinoboriyoshi:20190628215231j:plain

 

左のスギの列がお隣さんとの境界木ですので傷つけないよう、お客さんの他の木のも傷つけないよう、緊張の場面でしたよ。

f:id:kinoboriyoshi:20190628215426j:plain

 

 

お昼を少し過ぎてしまいましたが無事に終了出来ました。

f:id:kinoboriyoshi:20190628215902j:plain

 

近くの木ではもうこんな風景が。

f:id:kinoboriyoshi:20190628215943j:plain

1年は早いですね。

 

 

話は変わって、少し前にスギの伐採で使ったSTEINのスパーですが一番短く調整してもなお長かったので、どっちみちこれでは使えませんので短くするしかないとの結論に達していました。ので今日短くしてみました。ちなみにこのスパーは英からの輸入品です。

f:id:kinoboriyoshi:20190628220357j:plain

パッドにボルトの留めた跡がありますが、そこが本来の一番短くた時の留め位置です。

詳しくは書けませんが〇ったり〇ぼこを開けたりして5cmほど短くしました。

 

今まで使っていたバッキンガムのスパーと同じ位の長さにまで短く出来ました。ちなみにバッキンガムもショート化してます。外人さんは足が長すぎるのでチェンソーパンツみたいに丈ー5cmのJP仕様みたいなのがあれば(あるのかな?)ベストですね。

f:id:kinoboriyoshi:20190628220817j:plain

今までのスパーも使いやすくて特に不満は無かったのですが、重さを比べてみたら、片足でバッキンガム1.6kg、STEINが1.1kgでかなりの差がありました。これは期待できそうです。

道路沿いのカシの木の木登り伐採 & 市民大会

今日はカシの木の木登り伐採に行ってきました。

 

現場はこんな感じでした。

f:id:kinoboriyoshi:20190626215424j:plain

カーブミラーの先のカシの木の伐採です。その隣の小さなカシの木も倒します。この箇所はこの2本の依頼です。

 

 

実はもう1本、去年までカーブミラーの後ろにカシの木が生えていて、昨年の台風時に根っこごと道路へ倒れたそうです。矢印の根上がりして倒れている切り株がその木です。今回の依頼の大きな方のカシの木も幹は道路側へ偏心していて、台風に備えての予防的な伐採となりました。

f:id:kinoboriyoshi:20190626215917j:plain

 

 

話は戻って、今回の依頼木は樹高20m超でしょうか。なかなか高いです。

f:id:kinoboriyoshi:20190626220738j:plain

 

今回はスパーでそのまま登りました。

f:id:kinoboriyoshi:20190626221043j:plain

 

保全対象はぎりぎり届くか届かないか位の所にあった電線でしたが、真下の道路にもよく車が通りましたので殆どを吊って降ろしました。

f:id:kinoboriyoshi:20190626221124j:plain

 

 

10時に降りてきた時の画像です。片幹は終わりました。

f:id:kinoboriyoshi:20190626221334j:plain

 

 

10時からは足袋に履き替えてもう片方の幹に取り掛かりました。

f:id:kinoboriyoshi:20190626221514j:plain

 

6月中旬からAKさんが手伝ってくれてますので今回は3人体制です。小さく写ってるのが分かりますでしょうか。

f:id:kinoboriyoshi:20190626221652j:plain

 

 

お昼に断幹まで終わりました。この後はカーブミラーと森との隙間に倒します。

f:id:kinoboriyoshi:20190626222021j:plain

 

午後一からこの2本を倒して終了出来ました。

f:id:kinoboriyoshi:20190626222257j:plain

 

 

残りの時間で次はこの箇所を作業しました。電線に被ってしまっている木や道路に越境してしまっている木を伐採します。

f:id:kinoboriyoshi:20190626222636j:plain

 

内部はこんな感じの木が数本ありました。

f:id:kinoboriyoshi:20190626222839j:plain

 

 

f:id:kinoboriyoshi:20190626222920j:plain

 

 

道路際だけですが終了出来ました。まだ沢山生えていますが続きは8~9月にさせて頂くことになりました。

f:id:kinoboriyoshi:20190626222942j:plain

 

 

話は変わって、昼休みに木の画像を撮っていて、上ばかり見ていて気付かなかったのですが、ふと地面をみてみたらヘビが攻撃態勢?で僕のほうを見ていました(汗)。

f:id:kinoboriyoshi:20190626223249j:plain

飛び掛かってきたらどうしようかと思いましたが、相手も人間が怖かったのでしょう、森へ逃げていってくれました。

 

また話は変わって、先週ですが地元の市民大会の一般の部で長男が優勝出来ました。

f:id:kinoboriyoshi:20190626224438j:plain

出場18名で高校、大学生が4名、後り14名は殆どが剣友会の先生方です。久しぶりの勝利に暗かった我が家も明るくなりました。

 

決勝で1本取った時の瞬間です。

f:id:kinoboriyoshi:20190626224833j:plain

高校の部活でもレギュラーになれるよう、これを機に調子を上げて行って欲しいです。

 

ついでに次男坊は中学生の部、個人戦で2回戦敗退でした。こちらも秋には大きな大会があるので頑張って欲しいです。

シイノキの枝降ろしで充電式のチェンソーを試した

今日は18Vの充電式チェンソーを仕事で試す機会がありましたので書きたいと思います。

 

まずは現場です。このシイノキを1/3程度詰める依頼です。

f:id:kinoboriyoshi:20190612221818j:plain

音をなるべく出したくない現場だったのでちょうど良い機会と思い充電式のチェンソーを揃えました。

 

この前の試運転の時は薪作りだったので、ちょっと電気のチェンソーにしては過酷な条件だったのかもしれません。今回枝降ろしで使ってみたらこの位の枝でも全く問題なく使い続けられました。

f:id:kinoboriyoshi:20190612222142j:plain

 

2時間半でこの位のカットを3幹、重量としては約1.4t分の枝葉を1つのバッテリーで赤いランプで止まる事も殆ど無く、カットできました。

f:id:kinoboriyoshi:20190612222422j:plain

 

 

殆ど止まることなくと書いたのは、最後のほうで赤いランプが点き始めたからです。

最後は太枝を連続でカットしたからかと思いましたが、空ふかしでも止まってしまうのでおかしいと思いカバーを開けてみたら、詰まってました。

f:id:kinoboriyoshi:20190612222802j:plain

太いのを連続でカットしたのも負担だったと思いますが、この詰まってるのもモーターにだいぶ負担になっていたと思います。ただ1バッテリーも使ってなく1度も木からも降りてもないのにこの詰まりようは、、。

 

 

その後、裏に生えている2本目シイノキにも取り掛かりました。バッテリーも2個目です。

f:id:kinoboriyoshi:20190612223859j:plain

カバーを開けて詰まってるのを掃除してから取り掛かりました。やはり朝方と同じように快適に使えましたので、カバー内の掃除は重要かもしれません。

 

ちなみに上の画像の矢印の部分に電線があり、なかなかやりにくかったです。樹上から見るとこんな感じでした。

f:id:kinoboriyoshi:20190612224705j:plain

 

 

2本目シイノキは太めのが多かったので途中でバッテリーが無くなり最後まで使えませんでした。バッテリ切れ後はエンジンで、。今後は充電器を携帯してコンセントを借りないとと思いました。f:id:kinoboriyoshi:20190612224900j:plain

今回は太い部分で直径20cm程度の枝降ろしでしたが、この位までならなんとか使えそうだと分かりました。でも印象としてはやっとという感じです。でもとにかく便利なのはリコイルしないですぐに使える点と、エンジンと比べると圧倒的に静かな点です。

振動も少なく軽いので体への負担も少ないです。とても気に入りました。

 

 

話は変わって、コーラと並んでいようがこちらを買ってしまうという不思議な味に巡り合いました。

f:id:kinoboriyoshi:20190612230700j:plain

数日前ですがあるスーパーで売ってましたので半分ほど買い占めました。良く見てみたら冬季限定と書いてある、。4箱はさすがにレジが恥ずかしくて買えませんでしたが買っておいた方が良かったかと後悔です。

 

 

また話は変わって、ボサボサすぎてみっともなかった自宅の生垣ですが、次男坊の手も借りて遂に手入れ出来ました。

f:id:kinoboriyoshi:20190612231530j:plain

レッドロビンの生垣です。10年前は背の高さだったのにこんなに伸びました。

電線上に斜めに生えているサワラの伐採

昨日の三角地の伐採が終わった後、午後の途中から場所を移動して今度は電線上に偏心しているサワラの伐採に取り掛かりました。

 

現場はこんな感じでした。

f:id:kinoboriyoshi:20190607215122j:plain

斜め生えていて真下は電線です(汗)。

 

これを矢印の方向に倒します。左は住宅がありこの方向にしか倒せません。

f:id:kinoboriyoshi:20190607215403j:plain

倒すのに邪魔になるムクノキの1幹は断幹することになりました。

 

 

反対側から見た画像です。ピントがあってませんが、上の矢印の部分にスローで牽引ロープを取り付けてあります。f:id:kinoboriyoshi:20190607215626j:plain

赤い線でカットします。

 

 

無事に降ろせました。この後、解体、搬出もして昨日はここまでです。昨日は暑すぎで大変でした。

f:id:kinoboriyoshi:20190607220053j:plain

 

 

そして今日です。今日は予報では昼過ぎから雨ですのでそれまでに終わらせたいところです。

 

ムクノキの先のアカガシの枝が倒すのに引っかかりそうだったので枝降ろしをしました。

f:id:kinoboriyoshi:20190607220608j:plain

赤い丸で囲った部分の枝に倒すサワラが引っかかりそうでしたので事前に降ろしておく作業です。

 

登って行って、自由落下で下の方の枝から降ろしていきます。矢印のサワラの倒れる道を作る作業です。

f:id:kinoboriyoshi:20190607221042j:plain

 

倒すサワラの樹高が高いのでこちらのアカガシも高い位置まで枝降ろしします。

f:id:kinoboriyoshi:20190607221227j:plain

 

 

これで通り道が出来ました。

f:id:kinoboriyoshi:20190607221356j:plain

 

後は起こしつつ、こちら方向に倒します。

f:id:kinoboriyoshi:20190607221430j:plain

 

倒れる瞬間です。

f:id:kinoboriyoshi:20190607221611j:plain

 

引っかかることもなく無事に倒せました。

f:id:kinoboriyoshi:20190607221649j:plain

この後、予報よりも早く10時半には雨が本降りとなってしまいましたが、なんとか昼前までに解体搬出まで終了出来ました。

お墓と電線に囲まれた三角地で30m級の針葉樹の伐採

ここ3日間、お墓と電線に囲まれた三角地で針葉樹の伐採をしていました。

 

現場はこんな感じでした。

f:id:kinoboriyoshi:20190606204246j:plain

鬱蒼としていてよく見えませんが、土地が三角になっていてそれぞれの辺の長さが30m、30m、20m位となっています。その中にノッポな針葉樹が沢山生えてました(汗)。

 

 

初日、朝一からスパーでの木登りです。とにかく端に生えているの以外は元から倒すスペースがありませんのですべて登って伐りました。

f:id:kinoboriyoshi:20190606204504j:plain

 

主なのだけ紹介します。これは初日の2本目です。

f:id:kinoboriyoshi:20190606204708j:plain

初日はSTEINのスパーを試しています。

 

ちょっと話はずれますが、使ってみて分かりましたがやはり長かったです、。

f:id:kinoboriyoshi:20190606204912j:plain

上が今まで使っていたバッキンガムので、下が今回試してみたスパーです。一番短くしてもショート加工したバッキンガムよりも5~6㎝位長くて使いづらいので、今度改造して短くしたいと思います。

 

話は戻って、なんで真ん中にこんな高いのがあるんだ、、という場面です。もちろん登ります。

f:id:kinoboriyoshi:20190606205200j:plain

 

登ってみるとこんな感じです。三角地の頂点方向が一番距離が稼げましたのでそこに落とします。ギャラリーさんもちらほらいらっしゃいました。

f:id:kinoboriyoshi:20190606205341j:plain

ちなみに端に生ええていたものはギリギリ敷地内に納まり元から一気に倒せましたが、下に写っているのがそれらです。

 

 

ちなみに三角地の頂点から見た画像です。この奥に胃のいたくなるような木が何本か登場します。

f:id:kinoboriyoshi:20190606205838j:plain

 

 

ここから2日目です。電線の真横のこの2本から始めました。

f:id:kinoboriyoshi:20190606210037j:plain

2本とも登ります。

 

大きな方から始めました。対辺までこの距離しかありません。電線もありますので一気に長くは落とせません。

f:id:kinoboriyoshi:20190606210133j:plain

 

真横にも電線でこの大木、。

f:id:kinoboriyoshi:20190606210325j:plain

 

隣の木にもスローラインを使って牽引ロープを付けてしまいます。地面からですと15m以上ですが横からなら5mもないので楽に付けれます。

f:id:kinoboriyoshi:20190606210507j:plain

 

その横の小さい方の木です。正面に電線、右横にも電線に囲まれた狭い箇所を狙って頭を落としました。

 

 

f:id:kinoboriyoshi:20190606210731j:plain

 

ちなみに先に登った方の大きなスギです。倒してから良く見てみたら途中がこんな感じでした。巻いてある部分、ギャフ刺さらなかったです。

f:id:kinoboriyoshi:20190606210930j:plain

 

 

また真ん中付近にこんな木が、。地面からビックショットで牽引ロープを付けました。

f:id:kinoboriyoshi:20190606211252j:plain

 

 

後は登ってカットです。今度は正面にお墓です。何とかゴールが見えてきましたので頑張りどころでした。

f:id:kinoboriyoshi:20190606211430j:plain

 

 

そして今日3日目です。半日作業です。残っている木は全部端に生えていますので木登り作業は必要ありませんでした。

f:id:kinoboriyoshi:20190606211609j:plain

ですが木がノッポなのでかなり神経をすり減らしました。

 

 

1本倒してみて三角地の頂点から見た画像です。皆長いのでここまで届いてしまいます。少しでもずれると電線に当たってしまいます。

f:id:kinoboriyoshi:20190606212027j:plain

 

 

こんなデカいのもありました。左に見える電柱と右に見える電線の間に倒します。胃が痛くなりそうでしょ。

f:id:kinoboriyoshi:20190606212306j:plain

 

 

その他、もっとノッポなのは脚立上からカットして距離が少しでも短くなるようにカットしました。

f:id:kinoboriyoshi:20190606212526j:plain

 

三角地の頂点目指して無事に全本倒せました。

f:id:kinoboriyoshi:20190606212553j:plain

 

 

作業後です。三角形分かるでしょうか。この中に30m級のが沢山生えてました。

f:id:kinoboriyoshi:20190606212732j:plain

保全対象も完璧に守れました。正月から土日なしでやってきてやっと伐採後3件となりました。そろそろ鋏仕事に戻ります。

 

 

話は変わって、僕もこれを揃えました。

f:id:kinoboriyoshi:20190606213305j:plain

ホテルでの早朝の仕事を頂いたので、これを機会に買ってみました。

 

 

試し切りしてみました。確かに使用感は23cc並みなんでしょうが、すぐに熱くなって停まってしまうのでエンジンのようには使えません。

f:id:kinoboriyoshi:20190606213411j:plain

赤いランプが付いてしまう、。でも静かだし、鋸替わりには最高かもしれません。今度ホテルの現場で使ってみます。