木登りよしのブログ

Netflix ビッグティンバー のファンです。

ス〇ランカー トロッコ

今度枝を運ぶリヤカーみたいなのを使いたい現場がありますので、作ってみました。

似たようなものに、アーボトロリーという製品があります。が、ジョ〇さんのところで24諭吉もするので買えるはずもなく、自作の形となりました。製作費はアーボトロリーの1/20ですが積載重量は1/5ですのでそれなりのが出来たと思います。

使ってワクワクするような願いを込めて、名前をス〇ランカー トロッコとすることにしました。実際に使ってみたらまた書きます。

 

話は変わって、今年はいまだに植木手入れが残っていまして、今日も1現場終わってきました。その現場です。大きなイトヒバです。作業前です。

記憶が正しければ7~8年前に一回僕が剪定してますが、途中で他の植木屋さんが入ってるかもしれません。伸び具合より、とにかく久しぶりの剪定のようでした。

 

写ってなかったですがセコイヤでぶら下がってます。

 

作業後です。

 

次にこのシイノキの作り直しです。ブログで探してみたら僕が9年前に枝降ろしをしていました。今回はその後に伸びた枝を詰める作業です。

 

屋根の高さででこの太さ。大きなシイノキでした。

 

 

植木はあと数件で、明後日から伐採が続く予定でいます。

3現場まとめて ラフターで巨木も

3現場貯まったので書きたいと思います。ちなみに3現場とも造園屋さんからの依頼です。

 

まずはこの現場です。枝降ろしでした。

以前でしたらシットワーカーがぴったりな中小木の現場でしたが、今回からはセコイヤにチェンジしました。

 

折角のセコイヤでしたが、なんかしっくり来ないなと思っていたらレッグループの後ろのゴムが長すぎて調整したらだいぶよくなりました。

それともう1つ、シットワーカーの履いたままウエストが調節できるあの両側のベルトののりしろは使い易かったです。

 

最後はすこし高めな木も降ろしましたが、無事に終了出来ました。

 

 

次にこの現場です。川の縁に生えてました。半分程度まで詰める作業です。

 

天気予報がやや外れて雨が降ってきてしまいました。

 

真下は川です。降ろせる場所が狭いのでタグを付けてそちらの橋に降ろしました。

 

電線も近かったので小さく降ろしました。

 

だいたいここ辺りまで断幹して終了出来ました。

 

作業後です。

 

次にこの現場です。諸事情により画像は上部だけです。作業前です。

ラフターと組んでの伐採です。僕自身、ラフターと組んで伐採するのは十数年ぶりで4回目ですので緊張の中のスタートでした。

 

ちなみにロングなリムウォークが3枝(1枝はよく見えないですが左中央のクスノキまで届いていた枝です)してきました。

 

今回はウクライナカラーのロープで巨木に挑戦です。

 

ちなみに元で幹周3m(直径1m)、太かったです。

 

沢山降ろした中の1コマです。スリング2本とロープ1本でなるべくそのままの姿勢で降ろしてます。とにかく静荷重でにこだわって枝歩きも頑張りました。それとオペさん、伐ってる途中に僕から離れるように、チェンソーが入っていくようにクレーンを微調整しているのに途中で気づきました。

他の業者さんはどうやって降ろしてるかなど、いろいろと情報が聞けて勉強になりました。

 

 

さすがにクレーンはめちゃ早くて、1日で枝全部と断幹は作業前の画像の下から3m上の部分まで進みました。

 

ちなみに初日に降ろした幹ですが、計算したら比重が0.85、普段も重ために思っていた方が良さそうと思いました。

 

2日目は断幹です。僕の70㎝のバーが届いたのは最初だけであとは苦労しました。

 

画像では小さく見えるかと思いますが、その単コロ、縦で2mあります。

幹がくねくねと斜めになっていて、馬の背の部分は良いのですが馬の腹の部分にうまくスパーで回れなくて、バーも全然届かないのでやりにくかったです。僕みたいな素人はやはりロングなバーに頼るしかないので90ccクラスが欲しくなってきました。

 

作業後です。周りは保全対象だらけでしたが無事に守れたのと友達の造園屋さんへの責任を果たせてとにかくほっとしております。

神社のカシの木の木登り伐採 など

更新が滞っていましたが元気に仕事しております。

 

今日ですが神社のカシの木の伐採にいってきました。今回はグランドさんが画像を撮ってくれたので一緒に載せていきたいと思います。

 

では作業前です。

キノコも生えていて弱っていました。本殿方向に重心がありましたので倒れる前に伐採となったようです。

 

周囲の枝降ろしをして降ろせる状態にしてから登りました。もう樹上にいて背中が写ってます。

 

 

樹上では大きく分けて2系統の大枝があって、まずはこちら側から始めました。

 

降ろす場所はこんな感じでした。

 

背伸び競争に勝ったカシの木ですからそこそこに高かったです。

 

あまり出番はありませんがSIPもなかなか動きやすいです。

 

次に後ろの大枝に取り掛かりました。

 

そちらが先ほどまで作業していた場所です。こちらのアンカーが良くなかったらそちらへ降ろそうと残しておきましたが、こちらで降ろせました。

 

その場面です。

 

どんどん降ろしていってあと1枝の場面です。

 

本殿の方向にはこんな太い枝も生えていました。

 

お昼になったので降りてきました。吊って降ろすのはここまでで、後は隙間へ自由落下で断幹していきます。

 

午後です。断幹してきました。

 

でかくて後ろが重かったのでチルで引いてもらいつつ落としていきました。

 

15時前には何とか終了出来て、雨に降られずに済みました。保全対象も完璧に守れて無事に終われて良かったです。

 

話は変わって、ミニユンボの改造です。仕舞えるフォークを付けました。

最近よく仕事に来てくれているSさんに溶接してもらいました。まずは補強の板です。

 

次に本体も溶接です。

錆止めして頂きました。

 

実際に使ってみました。まずは仕舞ったまま掘る作業です。

 

次に挟んでみました。

操作が難しいですがこんなのも運べますので役に立ちそうです。Sさんありがとうございました。

 

また話は変わって、年明けすぐに作業した山掃除のついでで木登りしました。この木です。

最終的に根元からの伐採です。

 

シットワーカーはこれでほぼ退役で、息子の練習用になる予定です。数々の強敵との闘いで大活躍してくれました。でもまた買うかもしれません。

屋根に深く被ったケヤキの枝降ろし断幹

今日はケヤキの枝降ろし断幹に行って来ました。今年春に芽吹きに間に合わずに延期になっていた現場で、しかも年内は今日1日だけというこちらの都合ばかりで申し訳なく作業させて頂いてきました。

 

では作業前です。昨晩の雨が上がったばかりでまだ濡れていました。

まずはこの1本です。1/3程度まで断幹します。

 

濡れていてツルツルです。

 

細くて小さそうな木でしたが、電柱がその高さでしたのでそれなりに高かったです。

 

上部まで行ったところで、2本目に掛けてきました。地上からするよりも断然早いです。そのままぶら下がって1本目を断幹していきました。

 

左が1本目の作業後です。真ん中が2本目の作業前です。

 

この画像だとよく分かりませんが屋根上空で深く被っていました。

 

横から見るとこんな感じでした(汗)。

 

登ってみました。枝はこんな感じでした。

 

とにかく進出です。

 

いつもだと下から降ろしますが、今回は高いアンカーから回して降ろしてますので手前の高い枝から降ろしました。

 

なので最後に一番低い枝を降ろしました。

 

ここまで降ろしてお昼です。

 

お昼休みに撮りました。残すは上部の枝と断幹です。

 

午後から登って断幹までしました。左が2本目の作業後です。右が3本目の作業前です。これも2本目の降りる前に上部に掛けて時間短縮です。

 

3本目の枝はこんな感じでした。とても今日では終わりませんが、出来るだけ進めていきます。

 

時間も無いので画像は少ないです。そこに見える荷降ろしで時計周りに降ろしてます。

 

これらの枝も時計周りで。

 

ここで時間切れです。屋根に被っていた枝は殆ど降ろせました。

 

3本目はここまでです。残りは年明けの2~3月に予定しております。

枝降ろし7本

昨日ですが久しぶりに木登り仕事をしてきました。

前回のブログから約3週間、毎日植木仕事をしていました。今回はあるお店の店休日に合わせて木登り仕事です。

 

では現場です。1本目作業前です。

お店の駐車場に枝が被っていました。この越境している枝を降ろす作業です。

 

ユニックのゴンドラも使いたくて持ってきましたが、上部は届かなそうだし登りで充分出来そうだったので結局は使わずじまいでした。

 

街中でのクライミングは見物する人もいていつもと違います。

 

2本目です。店の奥になります。

 

 

作業後です。

 

この後少し移動してこの現場に取り掛かりました。本日3,4本目です。作業前です。

電線の中に枝が入り込んでいて大変でした。ヤフーブログ時代に1回枝降ろし断幹した現場です。今回はその後に伸びた枝の枝降ろしです。

 

端のムクノキが終わってアカガシに取り掛かっている場面です。

 

このポジションが取れるとほぼ地上に居るのと変わらないような感じで作業できます。

 

3,4本目作業後です。

 

少し先、本日5~7本目の作業前です。

3本共小さい木ですが電線の中に枝が入ってしまっているので大変でした。

 

日没が迫っていましたので画像少ないです。これはシロダモでこんな感じでしたので最終的に根元から伐りました。

 

作業後です。日没に間に合いまして良かったです。

リムウォーク&先端進出のシイノキの枝降ろし

今日は梨畑の枝降ろしに行ってきました。

 

現場はこんな感じでした。

こちら東側は梨畑の駐車場になっていてユニックが入れましたので、元請けさんがユニックのゴンドラで進めてくれました。僕は反対側の西側から木登りで進めていきました。僕が担当できたのは西からシイノキ4本でした。

 

西側から見た作業前です。梨畑に被っているシイノキの枝をすべて降ろします。

 

登ってみました。朝まで降っていた雨でまだ濡れています。

先に見える枝を降ろしていきます。横方向の伸びに対して高さが足りない枝が多く、先端への進出が必須となりました。

 

ピンぼけです。とにかく先端へ。

 

こんな感じで無数にあったすべての枝でリムウォーク祭りをしてきました。

 

 

これは3本目です。段々と良い荷降ろしアンカーが無くなって、この場面ではMとタグで斜めに降ろしているところです。

 

横方向だけでなく縦方向にも先端まで進出せざるを得ませんでした。

 

これは4本目、最後のシイノキです。これも先端まで進出です。

 

 

最後の枝です。とにかくすごい枝の量でした。

 

最後断幹までして無事終了です。

 

ライミングのアンカーは後ろのケヤキも良い所に設置出来ましたので、今日はここからすべてにアクセスできました。

 

シイノキはすべて終わりました。ケヤキが残りましたが、また次回です。網の上に積もっている落ち葉が見えますが、今後は解放されるかと思います。

植木手入れのついででエノキの伐採

植木手入れの現場ですが、庭に生えていたエノキが枯れかけているので同時に伐採もしてきました。

 

このエノキです。

 

最初は枝を降ろしていきます。途中の電線やブロック塀などが保全対象でした。

 

幹だけになったところでユニックも使って断幹していきます。

50㏄クラスではチェンソーが少し小さかったです。隣のカシからぶら下がれてポジションが取れたのでたすかりました。

 

木は短かったけど太かったです(汗)。

 

 

無事終了できました。