木登りよしのブログ

コスタリカのRamboristaのファンです。

GW、4と5現場目

GW,4と5現場目をしてきましたので書きたいと思います。

 

まずは4現場目です。梨畑の横に生えていたカシの木の伐採です。作業前です。

下に生えていたツバキのすぐ先が梨畑です。そこに1本だけ大きなカシが残されていました。そのまま倒せるスペースがありませんので木登りして幹だけにします。

 

目線の高さです。ここからスパーで登っていきます。降ろす枝はそれなりに大きいです。

 

 

 

主な保全対象は赤い丸で囲んだ農業用の水道栓と左側の梨畑です。

 

例えばこの一塊ですが、僕は4発で降ろしました。保全対象が近いですので全部吊ってです。地上のツバキよりも大きかったと後でグランドさんに言われました。

 

幹だけにしてから降りました。

 

後は地上で倒しました。

その他、周りの細めな木を最近木登りも始めたグランドさん、今後は他のグランドさんと区別するためにKさんと呼びます、そのKさんが2本伐ってくれました。

 

次に5現場目です。道路沿いの主に針葉樹の根元からの伐採です。

何度か通っている現場です。今回は道路沿いのだいたい2列分、針葉樹を伐っていく依頼です。

 

森の2列目から伐っていきました。ほとんどをクサビで倒していきました。

 

午後からは牽引して外側の列を倒していきました。

 

30本位は倒したと思います。続きは来週です。

 

この現場でKさんの241があまり調子が良くなくて、僕が預かることになりました。帰宅後、すぐに取り掛かりました。

 

アクセルの明け始めがもたつくのと、過回転のような感じです。とりあえずダイヤフラム類の交換をしました。

 

 

交換後、動かしてみたら良い感じでした。最高回転もだいたいこの位で調子も戻ったようです。でも実践で使ってみないと分かりません。

241は初めて触りましたが整備性も良くて、その他今日使ったチェンソーの目立てと掃除、混合燃料も作って19時過ぎには家に入れました。

 

話は変わって、アウトドアショップKさんでスプライスして頂きました。

持ち込みのロープをスプライスしてくれるところは殆どないで助かりました。ちなみに工賃7,700円でした。またお願いしたいと思います。

GWも木登り仕事

GW初日は雨で休みましたがその後はスケジュールの遅れを取り戻すべく毎日伐採仕事をしています。

 

GW2現場目途中でスマホのSDカードが一杯になってしまい何も考えることなく画像を消してしまってすみませんがそこまで画像なしです。

 

まずは1現場目です。船橋市大穴で崖途中の枯れ木の伐採です。崖が急だったこともあって3業者さんに見積もりで断られたとの事ですが、その業者さん達が僕のブログを見てくれてたら奇跡的ですが、もしいましたら何かのついでに寄って見てください。訓練の盛んな大きな消防署の近くです。吊って相当重いのを降ろして伐りました。

 

2現場目です。初日分は画像消えてしまいましたので2日目からです。神社のマツの伐採です。

初日はマツよりも画像で右側は他所の土地なのでなるべく落とさないようにとの事でしたので、ほぼ全部を左側神社敷地内に吊って降ろしました。ユニックで届く高さまで断幹したところで雨で中止して初日は終了しました。2日目はこれをユニックで吊って伐っていきました。

片付けも含めて半日で終了です。

 

午後からは脚立小屋を作りました。

元々は子供らの自転車ハウスで、これを単管で高さを増しました。今後改良していきます。これでネズミ返しを付けたら弥生時代の倉庫のようです。

 

GW3現場目です。全部でスギ8本、エノキ1本の伐採でした。

初日はこの箇所を進めました。この3本のスギの伐採です。左から始めました。

 

倒せる場所はありませんので登っての伐採です。一番の保全対象はこの電線でした。

 

周囲はこんな感じでした。

 

トップを降ろした場面です。奥のスギもこの後登りました。

 

1本目はここまで詰めてその奥の小さな2本目は2回で伐って切り株だけちょこっと写ってます。次に奥の3本目に取り掛かりました。

 

右下に見えるのが1本目です。その間に保全対象の電線も見えます。

 

やはり針葉樹です。結構高かったです。

 

最終的にここまで断幹しました。グランドさんが荷降ろしロープ下にシートを敷いて断幹時にスムーズにロープが送れるよう工夫してました。

 

この現場2日目、今日です。作業前は撮り忘れましたので少し進んでいますが、木登りしてエノキの断幹とスギ4本の頭を飛ばしてあります。

 

その後地上で隙間へ倒していきました。

 

次にこの箇所です。最後8本目のスギです。保全対象に囲まれ過ぎで、少し仕掛けもして降ろしていきました。

 

隣のカシにボトムアンカーでブロックを設置しました。地上から設置です。

 

 

この箇所無事に終了です。

 

最後に、初日に断幹までしておいたスギをユニックで吊って降ろしました。

やってみるとの事で以前ブログでも書いたグランドさんが最後登ってくれました。

ちなみにユニックの4段が届くのはこの高さで一杯です。

 

何とか2日で終了出来ました。

皆疲れていますが明日もう一踏ん張りして頂いて、明日も木登り仕事してきます。

裏庭の大木の伐採 & 倒木の処理 など

手の調子もだいぶ良くなりフルサイズの木登り以外の作業は支障なく行っております。

 

2現場書きたいと思います。まずは裏庭の伐採からです。作業前です。

 

中央に見えるムクノキとカシとエノキの伐採です。

 

ムクノキから始めました。

そのままでは倒すスペースはありませんので、お隣りさんの土地を借りて枝から降ろしていきました。

 

幹だけにしてから隙間へ倒しました。

 

次にカシです。

 

下から見てみるとこんな感じでした。

同様に登って幹だけにします。

 

倒した後は家の方にも手伝って頂いて全搬出しました。1日目終了です。

 

現場2日目です。このエノキに取り掛かりました。

画像ですと普通の木に見えるかもしれませんが、最後伐るときに70㎝のバーで20~30㎝届かなかったので直径は1m近くあった太いエノキでした。

 

木登りでの枝降ろしも住宅側には電線も出てきましたので気を遣う場面もありました。

 

 

幹だけにしてから、

 

お隣りさんの植木を傷付けないよう隙間へ倒しました。

全部搬出して無事終了しました。

 

次に倒木の処理です。スギ?が倒れて周囲の木に掛かっています。その周辺には電線もたくさんありました。

 

この後、ムクノキに登って枝を降ろしていきました。

 

最後は掛かっていた枝に受けと追いを入れて置いてから降りてきて、その後森からスギをチルで引っ張って倒しました。

 

根元はこんな感じでした。ここは水が貯まる湿地帯のようになっていて根の張りも小さかったようです。

 

森の内部はこのように枯れ木で一杯でした。倒れると道路に届いてしまう木もありましたので全部倒すことに。

 

倒れても道路に届かない箇所にも枯れ木が続いていましたが、これも放っておくと危険ですので伐っていきました。

どこに倒れても保全対象の心配は無いこんな機会は滅多にありませんので、グランドさんにも伐ってもらいました。これでこの現場も無事終了できました。

 

話は変わって、小物を仕入れました。国内のセラーさんを応援しております。

 

ハーネスはもうぼろくてヤバいですがブリッジ交換もこれで最後、もう少し使います。

初めてのグランド作業 など

左手中指の指先1cm位です。すこし怪我しまして木登りを自粛していました。痛みは全く無いのですがレントゲンでは線がはっきりしないところがあって治療の必要のない正確には骨折との事でしたのでとにかく木登りは中止していました。芽吹く前までに作業する予定だったお客様には大変迷惑をおかけしました。

 

でも休んでいる訳にもいかずに地上で出来る作業は何現場かこなしましたので書きたいと思います。復帰と言ったら大げさですがこの現場から始めました。

今年2月に一回お世話になりましたが今回新たに追加になった箇所です。全部地上で倒します。

 

一応中指をかばいながら、どんどん倒していきました。

 

この現場の勝負所です。ケヤキとスギです。住宅のすぐ上です。

 

まずはスギからです。

 

倒せる箇所はここしかありませんでした。

 

次にケヤキも倒しました。片付けは若手2人に相当頑張ってもらいました。

 

その後、災害などでもし倒れれば住宅に届いてしまうスギも倒していきました。

 

近所の方がこれらの木を使ってくれるという事です。

 

これで住宅に届く木は無くなりました。無事終了です。

 

次にこの現場です。まずは道路に傾いている幹の割れていたスギの伐採から始めました。

 

その後この辺りの雑木数本を倒しました。

ここまでは地上で僕が伐りました。

 

午後からはこのサクラの伐採に取り掛かりました。

今回はなんといつものグランドさんが登ってみるという事で、僕は初のグランド作業です。正確には僕が12年前に転職してきた時に当時の親方が登って最初の頃数現場だけグランド作業をしたと思いますが、転職してきて3か月で登らされてからほぼ100%うちの仕事は僕1人で登ってきたので、とにかく僕からしたら事件のようなものです。

 

この職人さん(正確には1人親方の外注さん)にはもう5年以上お世話になってますが、数十かそれ以上の現場のグランド作業を手伝って頂いて、ついにこんな日が来ました。

 

僕の第一の感想です。グランド作業は想像以上に大変でした(汗)。

クライマーさんの作業の邪魔にならないよう枝は運んでから解体、重たいのでこれが思ったよりも大変だったです。

 

表現が正確ではないかもしれませんが、断幹もとにかくショックロードにならないようポーターラッパーを頑張りました。地表でピタが何発か経験出来ました。

 

ここまで樹上で断幹してもらいました。フェンスへの傾きが凄かったので残りは僕が倒したのですがこれもやってもらえば良かったと今になって後悔です。

これでこの現場は一旦終了です。また登る機会が出来ましたら登ってもらおうかと思っています。

 

次の現場です。指先の皮の方も良くなってきまして、この現場なら支障ないと判断して木登り再開です。

この箇所は枝降ろしです。

 

 

 

余裕が無かったのか殆ど樹上で画像を撮って無かったのですが、珍しくグランドさんが撮ってくれてたので載せます。

 

 

それと、電柱にされて枯れてしまったサワラにも登りました。

 

木に電線が巻いて張ってありました(汗)。

 

そこまで断幹して本当の電柱になってもらいました。

僕が言っても説得力無しですがとにかく皆さん、やはり怪我には気を付けましょう。

グランドさんが木登り練習

正確には外注さんとしてうちに数年前から来て頂いてる1人親方のグランドさんが、今回急に木登り道具を揃えられまして、それではという事で練習をしてみることになりました。今まではグランドさん専門として来て頂いてましたが、更にレベルアップを目指す形です。ちなみにこの方は過去に講習も受けられてます。

 

今回揃えられたものだけで20諭吉だそうです。この練習後に早速また買ったそうですので、前後のものを合わせると数十諭吉に(汗)。それにしても数年前に比べると全体的に随分と高くなったと感じます。

f:id:kinoboriyoshi:20220404210218j:plain

 

地上からのリングセーバーの設置から始めました。

f:id:kinoboriyoshi:20220404210206j:plain

 

まずはSRSで。低い所で出来れば高い所でも同じに出来ますので、最初はリスクも少ない低い所で練習です。

f:id:kinoboriyoshi:20220404210823j:plain

 

何度か昇り降りをしたところで、今度はブルームーン+ジグザグでMRSです。

f:id:kinoboriyoshi:20220404211331j:plain

 

ランヤードも使ってフリクションセーバーの架け替えもしました。

f:id:kinoboriyoshi:20220404211444j:plain

 

最後に回収です。

f:id:kinoboriyoshi:20220404211609j:plain

 

最後に、あまり出番の無かったSTEINのスパーですが12年使っているバッキンガムの鉄のスパーの方が僕に合ってるので僕はそれを使っていくことにして、このスパーは使って頂くことになりました。代わりにブロックを頂きました。

f:id:kinoboriyoshi:20220404212024j:plain

樹上で1つ失敗すれば家に帰れないこともあると奥さんに説明して頂かないと、と心配も尽きませんが、あらたなスタートの期待も大きいです。

住宅の側のカシの木8本断幹

昨日と一昨日ですが住宅の側に生えてたカシの木8本の木登りをしてきましたので書きたいと思います。

一昨日の1日目からです。このカシから始めました。1本目です。

f:id:kinoboriyoshi:20220330234419j:plain

普通の木に見えるかもしれませんが、樹高は相当あって高かったです。

 

もし倒木しても周囲の住宅に届かない高さまで詰める作業ですので、途中までは梯子で登り、その上からはスパーで登っていきました。

f:id:kinoboriyoshi:20220330234609j:plain

 

殆どを吊って降ろしていきます。

f:id:kinoboriyoshi:20220330234942j:plain

 

下枝や下木を残しておくので降ろす場所が少ないのと、1日目はグランドさん1人でしたので苦労しました。

f:id:kinoboriyoshi:20220330235048j:plain

 

枝が殆ど終わってきました。この画像を撮ってる地点で樹高15mはあったかと思います。

f:id:kinoboriyoshi:20220330235227j:plain

 

振り返ってみるとそこが住宅です。それと左下にも住宅がありました。最終的に先に見えるカシ(それも2~3年前に書いてます)と同じくらいの高さにします。

f:id:kinoboriyoshi:20220330235333j:plain

 

ここが天辺付近です。下の家をみてもらうと樹高が想像できると思います。残りの7本はこれよりも随分と低かったです。

f:id:kinoboriyoshi:20220330235607j:plain

 

f:id:kinoboriyoshi:20220330235754j:plain

 

午後からはこの3本に取り掛かりました。画像奥に住宅が見えます。

f:id:kinoboriyoshi:20220330235836j:plain

 

2本目のこのカシだけ、大枝2枝を自由落下でドカンと落とせました。

f:id:kinoboriyoshi:20220330235946j:plain

 

地上には降りずに3本目に乗り移って進めていきます。

f:id:kinoboriyoshi:20220331000041j:plain

 

ついでに4本目のこのカシにも乗り移って作業しました。こんな細くてひょろっちい木に地上から登るのは難しいので助かりました。

f:id:kinoboriyoshi:20220331000229j:plain

 

行ったり来たりで断幹までして終了です。

f:id:kinoboriyoshi:20220331000433j:plain

 

1日目終了です。

f:id:kinoboriyoshi:20220331000547j:plain

 

2日目です。この箇所の4本の作業です。昨日苦労しましたのでグランドさん2人にして頂きました。

f:id:kinoboriyoshi:20220331000649j:plain

住宅の外構に届かない高さまで詰めます。

 

2日目はスパーレスです。ロープを気にしなくて自由に動けるので楽しいです。

f:id:kinoboriyoshi:20220331000811j:plain

 

先の1本目の枝が終わってから、こちら2本目に乗り移って作業してます。

f:id:kinoboriyoshi:20220331001022j:plain

 

更に3本目に乗り移って作業しています。荷降ろしの仕掛けは1本目のまま、それを使って降ろしています。

f:id:kinoboriyoshi:20220331001139j:plain

 

で、又1本目からぶら下がってますがこちら3本の断幹まで終わらせて、最後1本目も詰めて終了出来ました。

f:id:kinoboriyoshi:20220331001310j:plain

 

作業後です。お昼で終了しました。

f:id:kinoboriyoshi:20220331001448j:plain

 

話は変わって、長男がヘルメットを買いました。杣のです。このまま後継者になってくれたら嬉しいのですが本人には夢があるそうなので、危なかしくっていつ引退してもおかしくはありませんがしばらくは僕がまだ頑張ります。

f:id:kinoboriyoshi:20220331003807j:plain

3現場 & お客さんから預かったチェンソー

3現場分撮り貯めましたので書きたいと思います。

 

まずはこの現場、ケヤキ3本の伐採です。かつて僕が登って断幹した木です。

f:id:kinoboriyoshi:20220325225552j:plain

 

後ろに寝ていましたのでチルで。

f:id:kinoboriyoshi:20220325230025j:plain

 

無事終了です。

f:id:kinoboriyoshi:20220325230146j:plain

 

次にこの現場です。植木手入れですが、紹介する4本はほぼ10m超級です。

f:id:kinoboriyoshi:20220325230429j:plain

 

 

まずはタブノキから。今回は全部4~5年ぶりですので強く剪定して小さくします。

f:id:kinoboriyoshi:20220325230720j:plain

 

f:id:kinoboriyoshi:20220325230759j:plain

 

f:id:kinoboriyoshi:20220325230825j:plain

 

イチョウは今回一番長い木で、真下に電線もありましたがここまで詰めました。

f:id:kinoboriyoshi:20220325230850j:plain

ちなみにこのゼノアのこがる、僕は滅多に使いませんがいつの間にか所有5台に。病気です。

 

モッコクも作り直しました。この箇所の作業後です。

f:id:kinoboriyoshi:20220325231111j:plain

 

次の日です。裏庭のクスノキです。大きくなり過ぎて周りの植木が壊れてしまうので大幅に小さくします。

f:id:kinoboriyoshi:20220325231246j:plain

 

植木手入れと言っても、落とす枝が自由落下という以外はいつもと同じ様な気が。

f:id:kinoboriyoshi:20220325231432j:plain

 

作業後です。

f:id:kinoboriyoshi:20220325231609j:plain

 

次の現場です。チャボヒバ4本とエノキの伐採です。電線地獄でこの画像で1本目の電線が写ってます。

f:id:kinoboriyoshi:20220325231627j:plain

 

チャボヒバの中に電線2本目です。

f:id:kinoboriyoshi:20220325231746j:plain

 

その横に3本目、光ファイバーです。

f:id:kinoboriyoshi:20220325231835j:plain

 

その上に電線4本目です。降ろせる隙間が狭すぎでした。いつもならこの木位の大きさなら1~2発で吊ることもありますが、今回は10回以上刻む事となりました。

f:id:kinoboriyoshi:20220325232003j:plain

 

ロープでここまで降ろしてから、後は3か所をユニックで吊って降ろしました。

f:id:kinoboriyoshi:20220325232256j:plain

 

f:id:kinoboriyoshi:20220325232359j:plain

 

無事終了です。

f:id:kinoboriyoshi:20220325232422j:plain

 

話は変わって先日、直す約束をしていたお客さんのチェンソーを預かってきました。

f:id:kinoboriyoshi:20220325232454j:plain

保管が原因で掛からなくなったチェンソーは、僕でも直せる可能性が高いです。

 

外見が凄くても、中身はこんな感じでした。

f:id:kinoboriyoshi:20220325232702j:plain

 

今までに触った中で一番の硬さでした。

f:id:kinoboriyoshi:20220325232743j:plain

 

MS170もキャブを弄っただけで動くようになりました。

f:id:kinoboriyoshi:20220325232923j:plain

 

作業後です。奥のバーの付いてないチェンソーはキャブの中が錆びていて直すのはキャブ交換しかないと判断して諦めました。その代わりにうちの物置で眠っていた同型OEMのシングウがありましたのでそれを使ってもらうことにしました。

f:id:kinoboriyoshi:20220325233039j:plain