木登りよしのブログ

千葉県白井市 木登り伐採の日記など

住宅や森に接した森の伐採 無事終了 & 畑の縁の伐採の現場 無事終了

ブログの更新さぼっておりました。すみません。

2現場分書きたいと思います。

 

年明けからほぼ毎日のように伐採をしておりますが、6月がもう終わると言うのに伐採仕事が終わりません。植木手入れの時期も重なりつつ、そして台風の時期も迫ってきていますのでそのプレッシャーで日々を過ごしております。

 

話は戻りまして、だいぶ日にちが空いてしまいましたが、この前の現場の続きです。ここからスタートです。

f:id:kinoboriyoshi:20200628223105j:plain

道路沿いの伐採が終わって、今度は奥の梨畑沿いの伐採です。ここに見える針葉樹をすべて伐採します。

 

一番右奥部分です。左方向は梨畑で後ろが山野草のハウスでした。ハウス側に寝ていたのでチルで起こして倒しました。

f:id:kinoboriyoshi:20200628223312j:plain

こんな感じで見える針葉樹をどんどん倒していって、

 

次に手前奥の梨畑の縁も倒していきました。

f:id:kinoboriyoshi:20200628223607j:plain

その後、奥に見える矢印も部分も頼まれていますので移動します。

 

数えてませんが15本位?ですがこの箇所の針葉樹全部倒しました。これでこの箇所は終了です。

f:id:kinoboriyoshi:20200628223735j:plain

 

先ほど見えた先の森へ移動しました。この箇所では主に道路に出てしまっている下木の伐採です。

f:id:kinoboriyoshi:20200628224124j:plain

作業済のように作業していきます。この日はたしか30度超えで大変でした。

 

作業後です。綺麗さっぱりで道も広くなったような感じです。これで計5日間掛かった住宅や森に接した森の伐採現場は無事終了出来ました。

f:id:kinoboriyoshi:20200628224303j:plain

 

 

日にちは変わって、次の現場です。畑の縁に生えている境界木の伐採です。これは畑の地主さんの境界木ですべて倒します。

f:id:kinoboriyoshi:20200628224609j:plain

まずはこの箇所から。矢印付近の4本を倒します。

 

後ろの森はよその土地でしかも届くところに道路や電線もありますので畑に沿って倒します。と言っても前方180度は保全対象なしですのでどんどん倒していきます。

f:id:kinoboriyoshi:20200628224842j:plain

今回も伐り手は僕一人ですので解体は解体班2人に任せて次に進みます。

 

奥のこの箇所です。ここも畑の縁の境界木のみを倒して、森はよその土地です。

f:id:kinoboriyoshi:20200628225523j:plain

 

多分ですが、今回の依頼は去年の台風のこの倒木があったからかと思いました。

f:id:kinoboriyoshi:20200628225726j:plain

 

この先が電波塔なんです。ぎりぎり当たらなかったのが幸いでした。

f:id:kinoboriyoshi:20200628225849j:plain

 

という事で、こちらも前方180度の範囲に倒せば保全対象無し、ただし真反対に倒れたら電波塔で要注意でしたが、こちらもドカンドカン倒していきました。

f:id:kinoboriyoshi:20200628230148j:plain

初日は広葉樹の大きなのを倒していきました。さすがに大木だらけで僕も解体に加勢しました。

 

2日目です。ほぼ針葉樹になりました。

f:id:kinoboriyoshi:20200628230626j:plain

 

朝一は藤ツルを伐る作業から。高所作業も僕が作業です。

f:id:kinoboriyoshi:20200628230823j:plain

 

とにかく畑方向にクサビでドカンドカン倒していきます。

f:id:kinoboriyoshi:20200628231137j:plain

 

端っこの方は遂に保全対象出現しました。スギ2本はクサビで、小さなエノキは電線方向に寝ていたのでチルで起こして倒しました。

f:id:kinoboriyoshi:20200628231340j:plain

 

全体的な作業後です。お客さんの木は全部伐採しました。もし倒れれば住宅や電波塔、道路や電線にも届く木がありましたので、これで安心できるかと思います。

f:id:kinoboriyoshi:20200628231845j:plain

 

2日目15時からちょっと移動してこの箇所に取り掛かりました。

f:id:kinoboriyoshi:20200628232154j:plain

〇で囲ったクヌギ6本の伐採です。これも台風時などにもし倒れてしまったら住宅に届いてしまうので予防的な伐採です。

 

住宅側3本はチルで、後はクサビで倒すだけ倒してこの日は終了です。

f:id:kinoboriyoshi:20200628232401j:plain

次の日、半日作業で解体片付けをして無事終了出来ました。

 

 

話は変わって、取り付けに多少苦労しましたがヘルメットが完成したので現場投入してみました。

f:id:kinoboriyoshi:20200628233455j:plain

038に3世代後の382のヘルメット(笑)。機種不明感が良いです。

住宅や梨畑に接した森の伐採 1~3日目

一昨日から3日間、この現場で伐採仕事をしています。

依頼内容は森に接している住宅や梨畑に、もし倒れた場合に届いてしまう木の伐採です。

 

作業前です。

f:id:kinoboriyoshi:20200612214824j:plain

まずは森の端のこの箇所から始めました。

 

すぐ横には道路や電線もあり、この箇所は倒すスペースもなかったので殆どを木登りでカットしていきました。

f:id:kinoboriyoshi:20200612215324j:plain

 

この箇所で5本木登りです。でも木登りはこの3日間でこの箇所だけで、後は地上からすべて倒しました。

f:id:kinoboriyoshi:20200612215505j:plain

 

こんな太いコブシも、

f:id:kinoboriyoshi:20200612215632j:plain

幹だけにして隙間に倒しました。

 

次に続きのこの箇所に取り掛かりました。左の切り株が先ほどの箇所です。この先右方向にずっと続きます。

f:id:kinoboriyoshi:20200612215738j:plain

 

森の中はこんな感じでした。伐る木にはテープが目印に巻いてありました。

f:id:kinoboriyoshi:20200612224803j:plain

 

その先はこんな感じです。見える範囲ほぼ全部倒します。

f:id:kinoboriyoshi:20200612224938j:plain

 

伐り手はいつもながら僕1人です。解体片付けは職人さん達に任せてどんどん伐ってきました。

f:id:kinoboriyoshi:20200612225054j:plain

まずは内部から倒し始めて、

 

道路側は後から倒しました。殆どをクサビで、4本だけチルで起こして倒しました。

f:id:kinoboriyoshi:20200612225618j:plain

 

3日間で数十本伐りました。この後幹を移動させて終了出来ました。

f:id:kinoboriyoshi:20200612225749j:plain

後は森の反対側の梨畑側の伐採が残っています。終わったらまた書きたいと思います。

 

話は変わっていまだ現役の038ですが、ヘルメット?改造中です。

f:id:kinoboriyoshi:20200612230806j:plain

台風被害の木や屋根に被った枝降ろしなど

昨日、今日の2日間、台風被害木の処置や枝降ろし断幹など木登りの仕事をしてきました。全部で4本ですべて20m級前後の大き目な木ばかりでした。

 

では1本目、台風被害に遭ったモミの木です。

f:id:kinoboriyoshi:20200528225252j:plain

下からの画像では分かりにくいですが、途中に折れて掛かっている枝が数本、トップも折れてぶら下がっています。

 

登って見ると、折れてぶら下がっている枝はこのような感じでした。ついでに折れていない枯れ枝も全枝、真下に道がありましたので殆どを吊って降ろしました。

f:id:kinoboriyoshi:20200528225632j:plain

 

 

f:id:kinoboriyoshi:20200528225907j:plain

 

一番天辺です。折れて掛かってました(汗)。

f:id:kinoboriyoshi:20200528230019j:plain

 

途中の生きた枝は残ってますのでそのままでは降りません。隙間を通る大きさにして降ろしていきました。

f:id:kinoboriyoshi:20200528230444j:plain

 

道から見た作業後です。大きなモミの木でした。

f:id:kinoboriyoshi:20200528230738j:plain

 

次にイヌシデの木です。道から撮ってます。隣のアカガシの折れた枝が掛かっているのでそれの撤去と、枝降ろし断幹もします。

f:id:kinoboriyoshi:20200528231002j:plain

 

何か所かに掛かっていたアカガシの枝を降ろしつつ、

f:id:kinoboriyoshi:20200528231359j:plain

 

一部、周囲の木に引っかかりそうな枝はタグ付きで吊って降ろしましたが、殆どの枝や幹はドカンドカン森の隙間へ落としました。

f:id:kinoboriyoshi:20200528231459j:plain

 

 

f:id:kinoboriyoshi:20200528231731j:plain

 

 

次にムクノキに取り掛かりました。枝先の方の下に屋根付きの車庫、それと下のサクラが主な保全対象です。

f:id:kinoboriyoshi:20200528231917j:plain

上部に芯がなくて、手のひらを広げたような樹形で難しかったです。まずは赤い線で一枝カットしました。

 

赤い線の所の枝はこんな感じでした。

f:id:kinoboriyoshi:20200528232230j:plain

 

隣の木の枝がそこにありましたので助かりました。初日はこれで終了です。

f:id:kinoboriyoshi:20200528232412j:plain

 

2日目です。2段あった大枝の下の方の作業画像です。真下のサクラを守るのに色々と工夫して降ろしました。お辞儀させたら完全に折れ枝続出でしたが、なんとか折れ枝も出さずに済みました。

f:id:kinoboriyoshi:20200528232625j:plain

 

画像少なくてすみません。断幹までして終了出来ました。

f:id:kinoboriyoshi:20200528233239j:plain

 

最後の1本です。屋根に被ったケヤキの枝降ろしです。矢印の幹を最終的に赤の線までカットします。

f:id:kinoboriyoshi:20200528233337j:plain

問題は下の2枝が長くて屋根のすぐ上まで伸びています。

 

ので、登る前に地上からスローラインで荷降ろしの仕掛けを作ってから登りました。枝先がすぐ隣のケヤキの枝に吊れられています。枝2本分作りました。

f:id:kinoboriyoshi:20200528233557j:plain

 

登ってから元も吊って2系統でその姿勢のまま降ろしました。

f:id:kinoboriyoshi:20200528234727j:plain

 

上部も降ろしました。

f:id:kinoboriyoshi:20200528234924j:plain

上部の枝も長くて屋根とのクリアランスが少な目でしたのでなるべく進出して降ろしていきました。

 

作業後です。1幹全部降ろしました。

f:id:kinoboriyoshi:20200528235113j:plain

長くお待たせさせてしまって申し訳なかったです。

 

話は変わりまして、さほど出番もないのにもう1台作ったりしてます。

f:id:kinoboriyoshi:20200528235730j:plain

学校に接した森の木登り伐採など

5月中に行うことになっている伐採があと2件あるのですが、ここにきての梅雨みたいな天気が続き思うように進みません。大変申し訳ないです。

 

雨が降ってきての中止になるといけませんので、2件のうち梅雨のような期間中は近場のこの現場に取り掛かりました。学校施設に接した森の伐採です。作業前です。

f:id:kinoboriyoshi:20200525223846j:plain

東側から見た作業前です。下に浄化槽の施設があります。

 

西側から見ると、

f:id:kinoboriyoshi:20200525224016j:plain

 

正面から見ると、

f:id:kinoboriyoshi:20200525224110j:plain

真下に機械類がありますので手ごわそうな雰囲気です(汗)。

 

まずはこの小さなイヌシデから始めました。光を求めたのでしょうか、斜めすぎです。

f:id:kinoboriyoshi:20200525224321j:plain

近くの木から全木吊って降ろしました。

 

このイヌシデも斜め過ぎて起こせませんので、吊って降ろしました。

f:id:kinoboriyoshi:20200525224643j:plain

 

ぐるっとアンカーの下へ。あとはカットしていって終了です。

f:id:kinoboriyoshi:20200525224834j:plain

 

このイヌシデは吊れませんでしたので起こして倒しました。

f:id:kinoboriyoshi:20200525225053j:plain

 

撮る方向が逆になってしまいましたが、チル2台で起こしてます。この後無事に森へ倒れてくれました。

f:id:kinoboriyoshi:20200525225130j:plain

 

こんな感じで中小木を数本伐採した後、今回のメインのこの2本のイヌシデに取り掛かりました。作業前です。

f:id:kinoboriyoshi:20200525225430j:plain

枝先は白い建物の反対側まで伸びています。枝降ろし断幹してから倒すことにしました。

 

近かったので2本同時に作業しました。

f:id:kinoboriyoshi:20200525225820j:plain

2本共、手のひらを広げたような樹形で居場所も少なく、作業しづらかったです。

 

左の枝が低い方のイヌシデ、右が高い方の下枝です。

f:id:kinoboriyoshi:20200525230008j:plain

行ったり来たりしながら、通り道を作ったり順番も考えながら降ろしていきます。

 

低い方のイヌシデは、高い方から両アンカーも取れて先に断幹まで進みました。下の矢印が断幹まで終わった低い方です。

f:id:kinoboriyoshi:20200525230040j:plain

 

作業前の画像のように枝先は下の建物の先のほうまで伸びています。ですが高さは思ったほどないですから機械類とのクリアランスが少なくて苦労しました。

f:id:kinoboriyoshi:20200525230737j:plain

 

振り返ってみた画像です。最終的に下枝のところまで断幹しました。

f:id:kinoboriyoshi:20200525231048j:plain

 

真下はフェンスなどがありますので幹も全部吊って降ろしました。初日はここまでです。あとは元から起こして倒します。

f:id:kinoboriyoshi:20200525231207j:plain

 

2日目、前日に断幹まで終わったこの2本から倒します。

f:id:kinoboriyoshi:20200525231346j:plain

 

1.6のチル2台で。

f:id:kinoboriyoshi:20200525231500j:plain

この2本を倒してから、

 

最後、この矢印のイヌシデ(上)とサクラ(下)の2本を倒しました。

f:id:kinoboriyoshi:20200525231656j:plain

 

全体的な作業後です。水路+フェンスもあったので行き来も大変でした。

f:id:kinoboriyoshi:20200525231927j:plain

フェンス2列、水路のブロック、浄化槽設備と保全対象も多かったのですが、無事に守れました。

 

この後、少し移動してこのサワラの枯れ枝も降ろしました。作業前です。

f:id:kinoboriyoshi:20200525232504j:plain

電線の真上で折れてぶら下がってます。

 

危なそうな枝も降ろして無事に終了出来ました。

f:id:kinoboriyoshi:20200525232610j:plain

フェンスや電線の側のイチョウの伐採

昨日はイチョウの最終的に根元からの伐採に行ってきました。

 

朝、作業前の画像は撮り忘れました。一気に倒すスペースは無く、いつも通りの木登りしての伐採となりました。

f:id:kinoboriyoshi:20200518232612j:plain

今回のイチョウは殆どがこのような枝だったのですが、

 

摩擦機とタグラインも付けてグランドさん2人で、大枝のままこんな感じに縦に降ろしていきました。

f:id:kinoboriyoshi:20200518232740j:plain

 

このような枝が20本はあったと思います。大体同じ方法で。

f:id:kinoboriyoshi:20200518232942j:plain

フェンスがあって行き来できないので道路側へ降ろします。

 

ので、良い荷降ろしアンカーは残しつつ道路側から降ろして通路も開拓していきました。

f:id:kinoboriyoshi:20200518233101j:plain

 

お昼の画像です。車で30秒のところですがゴミは全搬出しました。午前中だけでユニック4台運びました。

f:id:kinoboriyoshi:20200518233351j:plain

この画像で保全対象がよく分かります。主なものは電柱からビニールハウスに繋がっていた電線と、電柱に付いてる外灯も初めの頃は枝が届く可能性がありましたので対象でした。それと真下のフェンスです。

 

 

午後で苦労した枝はこの辺りの枝でした。電線真上でそちらへ寝ています。

f:id:kinoboriyoshi:20200518233839j:plain

良いアンカーが沢山ありましたので順番どおりに残しておいて、いちいち付け替えないでNCでリダイレクトさせつつハウス側深くの枝も道路側へ降ろしました。

 

その電線が無ければだいぶ早く進んだかもしれません。

f:id:kinoboriyoshi:20200518234430j:plain

この枝も道路側へ。

f:id:kinoboriyoshi:20200518234624j:plain

 

カット跡を見て頂いて、それらの枝の先で分かれていたのですから相当な枝の数でした。

f:id:kinoboriyoshi:20200518234838j:plain

 

最後まで残った枝はこの枝でした。

f:id:kinoboriyoshi:20200518235015j:plain

 

最後に幹をカットしました。幹はフェンス内側へ積んでおくという事で、ユニックで吊ってそのままフェンス内側へ降ろしました。

f:id:kinoboriyoshi:20200519001229j:plain

 

作業後です。

f:id:kinoboriyoshi:20200518235350j:plain

時間ぎりぎりでしたが保全対象も完全に守れてゴミの搬出も終われましたので良かったです。

巨木や風倒木など 5日間連続木登り 無事終了

ここ5日間、木登りの仕事をしてました。5日間分まとめて書きたいと思います。

 

5日分なので長くなってしまいました。

 

では1日目、シイノキから始めました。

f:id:kinoboriyoshi:20200515215153j:plain

可能な限り小さく詰めてほしいという注文でした。多分ですが数十年前に詰めた跡がありましたのでそれに沿って降ろす事にしました。

 

気を付ける保全対象はまずはこの外灯と、

f:id:kinoboriyoshi:20200515215744j:plain

 

お墓や植木類にも注意が必要でした。

f:id:kinoboriyoshi:20200515215956j:plain

 

下の方は細い枝が多かったのでそれなりの仕掛けで。

f:id:kinoboriyoshi:20200515220127j:plain

 

上部の大枝のまま降ろせた場所では1ランク太い仕掛けで。

f:id:kinoboriyoshi:20200515220456j:plain

 

途中の枝や小枝を残しながらの強剪定ですのでそれが難易度を上げました。

f:id:kinoboriyoshi:20200515220710j:plain

 

矢印は作業中の僕です。

f:id:kinoboriyoshi:20200515220919j:plain

 

1日半掛かって、何とか終了出来ました。

f:id:kinoboriyoshi:20200515221054j:plain

後は数年かけて、ここに入っている植木屋さんに恰好よく仕上げていってもらいたいです。

 

2日目午後からは裏庭に移ってサワラ(葉っぱ確認しませんでしたがヒノキかも)の伐採に取り掛かりました。作業前です。

f:id:kinoboriyoshi:20200515221634j:plain

塀瓦にくっつきそうな位近くに生えてました。

 

そしてこれが建物側に傾いているんです(汗)。

f:id:kinoboriyoshi:20200515221913j:plain

もう1度書きますがこれは作業前の画像です。すでに屋根瓦が折れ枝?かによって破壊されてました。

 

一気に倒すスペースはありませんし、もしそれがあったとしても起こせる勇気もないので登って降ろしていきます。

f:id:kinoboriyoshi:20200515222156j:plain

隣のスギも使ってロードトランスファー的にスギの下へ。

 

15時のお茶で降りてまた登るので、珍しくSRTの仕掛けも使いました。

f:id:kinoboriyoshi:20200515222431j:plain

 

この画像は現場3日目です。断幹中です。サワラの真下は塀瓦ですのでスギの真下へ。

f:id:kinoboriyoshi:20200515222725j:plain

 

ここまで樹上で短くしてから、竹林に倒しました。

f:id:kinoboriyoshi:20200515222946j:plain

 

チル係が言うにはかなり重たかったそうです。塀瓦と物置の隙間の角度が狭いのに斜め後ろに傾いているのですから緊張のカットでした。

f:id:kinoboriyoshi:20200515223052j:plain

しかもちょっと先の地面が盛り上がっていたので地際で伐ったら跳ね返ってきそうだったのでこの高さで。想定通りに倒れてくれてほっとしました。

 

3日目最後はこのスギの風倒木の処理です。お墓上空4mで折れて、

f:id:kinoboriyoshi:20200515223833j:plain

 

ケヤキに掛かっています(汗)。

f:id:kinoboriyoshi:20200515223732j:plain

 

周りが保全対象だらけでしたので全木吊って降ろす事に。

f:id:kinoboriyoshi:20200515224129j:plain

下からは全然見えなくて遠隔は諦め、登って仕掛けを作りました。

 

保全対象はこのお墓の他、竹林の中にペットさんのお墓が沢山と観音様や建物もありました。

f:id:kinoboriyoshi:20200515224314j:plain

折れてるすぐ下にアンカーを設けて、トップと元で2点で1本のまま吊って降ろしました。

 

うまく降ろせました。後はトップは吊ったままダルマ落としで短くしていきました。

f:id:kinoboriyoshi:20200515224543j:plain

 

現場4日目、スギは無事に降ろせましたが周りの竹が折れたりしたので相当数を伐って整備したり、残っているスギの元も倒したりして片付けをしてました。そして上空をよく見てみたら、なんと折れたスギの先端がケヤキに残ってましたので、また登る事に。

f:id:kinoboriyoshi:20200515224831j:plain

 

これで終了です。

f:id:kinoboriyoshi:20200515225229j:plain

 

次にクスノキです。作業前です。

f:id:kinoboriyoshi:20200515225525j:plain

強剪定の注文です。

 

空中で作業です。

f:id:kinoboriyoshi:20200515230051j:plain

 

f:id:kinoboriyoshi:20200515230440j:plain

 

作業後です。

f:id:kinoboriyoshi:20200515230627j:plain

 

現場4日目最後~5日目午前中に掛けて、このシイノキに取り掛かりました。

f:id:kinoboriyoshi:20200515230741j:plain

このシイノキも可能な限り詰めて欲しいという注文でした。

 

後ろは崖ですので前に降ろします。

f:id:kinoboriyoshi:20200515231017j:plain

 

この辺りの枝が一番神経を使いました。真下には電線もあります。

f:id:kinoboriyoshi:20200515231118j:plain

 

ぐるっと電線もかわしつつ道路側へ降ろします。

f:id:kinoboriyoshi:20200515231253j:plain

 

崖側が空けてますので枝も勢いよく伸びています。電線真上のこんな枝も、

f:id:kinoboriyoshi:20200515231517j:plain

 

これは右側に受けを作って時計周りで。

f:id:kinoboriyoshi:20200515231725j:plain

 

その他隣の小さなシイノキと、奥のイヌシデの木も枝降ろしをしました。

f:id:kinoboriyoshi:20200515231445j:plain

 

イヌシデの枝降ろしでは下に灯篭や、葉っぱで見えませんが真下に外灯の電線もあったので斜めに降ろしたりしました。

f:id:kinoboriyoshi:20200515231937j:plain

 

 

時間も迫ってきました。最後、お墓の角のエノキの枝降ろしです。

f:id:kinoboriyoshi:20200515232200j:plain

 

お墓側は吊って降ろしました。

f:id:kinoboriyoshi:20200515232234j:plain

 

 

片付けして17時ぎりぎりで終了出来ました。

f:id:kinoboriyoshi:20200515232517j:plain

見積もりの段階からこの現場は難しそうなのは分かっていましたから、無事に終了出来て本当に良かったです。5日間、ほぼ樹上で頑張れました。

 

次の予定はこの現場を紹介してくれた方でこの1連の現場が今シーズンの山場となりました。この山場を越えれば、お待ち頂いているお客さま、いよいよ伺えそうですので、申し訳ありませんががもう少々お待ちください。

住宅に被った雑木の木登り伐採

今日、正確には日付が変わってしまったので昨日ですが、住宅に被った雑木の木登り伐採に行ってきました。

 

作業前です。

f:id:kinoboriyoshi:20200507234204j:plain

 

まずは今日のメインのエノキから始めました。

f:id:kinoboriyoshi:20200507234342j:plain

今日は6本登りましたが、このエノキだけ最終的に根元からの伐採で後は枝降ろしのみです。6本の内、大木はこのエノキだけです。

 

登って見るとこんな感じでした。全部降ろします。

f:id:kinoboriyoshi:20200507234631j:plain

 

一番下の方の枝です。屋根とのクリアランスが無いので慎重に作業します。

f:id:kinoboriyoshi:20200507234717j:plain

遠隔で先に結んで、右へ。

 

同じ方法で右へ。

f:id:kinoboriyoshi:20200507234913j:plain

 

3幹ありましたが、10時のお茶までに1幹終わりました。

f:id:kinoboriyoshi:20200507235011j:plain

 

10時から真ん中の幹に登りました。右下の切り株が最初の1幹です。

f:id:kinoboriyoshi:20200507235122j:plain

 

ある程度降ろしたところで、もう1幹に取り掛かります。真ん中の幹からそちらへ乗り移ります。

f:id:kinoboriyoshi:20200507235253j:plain

 

3幹目は下を見るとこんな感じなんです。空中で移動した方が全然早いです。

f:id:kinoboriyoshi:20200507235413j:plain

 

乗り移ってからは枝は吊って、幹は自由落下で降ろしていきました。

f:id:kinoboriyoshi:20200507235533j:plain

 

で、また真ん中の幹に登りました。

f:id:kinoboriyoshi:20200507235639j:plain

 

降ろしていってお昼までにここまでになりました。

f:id:kinoboriyoshi:20200507235835j:plain

去年までは森側へもう1幹あったようですが台風ででしょうか、折れてました。

 

午後からは断幹して短くしてから森へ倒しました。これでエノキは終了です。

f:id:kinoboriyoshi:20200508000120j:plain

 

残り5本、小さ目な木ですが急いで作業します。この箇所から。エノキ、イヌシデ、ウワミズサクラの3本です。

f:id:kinoboriyoshi:20200508000503j:plain

特にイヌシデは屋根に被っています。

 

ダイジェストで。イヌシデはこんな感じでした。

f:id:kinoboriyoshi:20200508000616j:plain

 

この辺りのを全部降ろしました。

f:id:kinoboriyoshi:20200508000706j:plain

 

ウワミズサクラもこの辺りのを、

f:id:kinoboriyoshi:20200508000807j:plain

 

降ろして終了です。

f:id:kinoboriyoshi:20200508000925j:plain

 

最後の2本です。エノキとイヌシデです。

f:id:kinoboriyoshi:20200508000959j:plain

片付けも追いついてませんが急いで降ろします。

 

もう日没が近づいてきました。

f:id:kinoboriyoshi:20200508001101j:plain

最後まで住宅に近かったので殆どを吊って降ろしました。

 

 

全体の作業後です。片付けも含めてなんとか終了出来ました。

f:id:kinoboriyoshi:20200508001217j:plain